個人事業主の税金開業お役立ち講座

このブログでは現役の税理士である著者が実際にいただいた相談事項をもとにして税金に関する事柄を解説しています。読者登録していただくと泣いて喜びます(ToT)

個人事業主やフリーランスの方に伝えたい良い税理士の見分け方

個人事業主やフリーランスの方に伝えたい税理士の選び方

 

実際、税理士を探そうとしたけれど、何を基準に選んだら良い?やはり自分の知り合いから紹介してもらうのが良いのか?友人は銀行から紹介されたみたいだけれど、性格的に合わないとか言っているし。そもそも本当に税理士が自分には必要なのかなぁ…。

 

だんだんと事業が順調になって来るとそろそろ税理士と契約しても良いのかな?と考える人も多いですね。管理人も今まで色々な話を聞いてきましたが、途中で税理士を変える方も多いのです。

ということで今回は「良い税理士の見分け方」という観点で書かせていただきます。

既に税理士がいて不満を持っている方も、これから税理士を探して顧問契約するかを迷っている方も参考になれば幸いです。 

自分の依頼したい分野が得意な税理士か?

税理士はすべての分野が得意というわけではない

税理士って税のスペシャリストだから税金に関する事は何でも分かると思いませんか?それに関しては疑う余地のないところですが、税理士が全ての税金に関する分野が得意かというとその答えは「ノー」です。

税理士や税理士法人でも相続を専門とする税理士もいますし、法人が得意・個人が得意などそれぞれに得意不得意があるのです。さらには業種でも得意不得意もあります。

税理士との契約は長くなることがほとんどですから、手っ取り早いのはホームページを参考にすることです。税理紹介サイトで自分の好みやお願いしたいような分野が得意な税理士を探してもらう事も可能ですね。 

その税理士が日々知識をアップデートしている?

知識をアップデートしている税理士か?

税務の情報というのは年々税制改正により変わります。ときには大きな改正もあります。そんな最新の情報を入手し、日々アップデートを重ねている税理士かも重要です

また、税制改正だけでなくITツールやシステムを取り入れるているかも忘れてはいけません。なぜならば税理士業界は恐ろしいほどインフラ環境が遅れているからです。いまだに税務署や税理士会のやり取りがFAXしかダメという事もすくなくありません。

お客様のためになるように日々情報を取り入れ、さらには提案してくれる税理士を選びましょう。

本当に税理士資格のある人が会社を見てくれる?

本当に税理士が会社を見てくれるか?

だんだんと情報が明るみになってきており、税理士業界というのが有資格者だけでなく無資格の人が会社を担当するというビジネスモデルというのも分かっているかもしれませんね。

多くの税理士事務所では無資格の担当者があなたを担当します。しかし、中には税理士資格を持った人があなたを担当する事もあります。税理士が担当するということは判断や決断が早くなり、さらには正確なアドバイスをその場でもらえる事となります

契約(営業)の時には税理士が来たのにその後は税理士資格を持たない人しか会社に来てくれないという事務所も実は多いのです。

こちらから連絡しない限り来てくれない税理士や、連絡しても音沙汰がないようであれば考え直した方が良いかもしれません。

ただ、税理士の顧問報酬にもそれなりに相場があります。「年間10万円払っているのに毎月来てくれない」というような話は少々難しいかもしれません。

税務調査があった時にきちんと対応してくれる?

税務調査に対応してくれる税理士?

税務調査が実際にあった時に頼りになるかどうか?も重要な判断の一つです。

こんな話は信じられないかもしれませんが、税務調査が入ると分かった瞬間に顧問契約を打ち切る税理士もいるようです。また、税務調査では税務署の味方になる税理士も中にはいるそうです。

税務調査って納税者からすると本当に不安なんですよね。それで逃げたり税務署と組んでしまう税理士というのは本当にダメな税理士ですね。調査対応についてもホームページに記載したり、信頼できるような税理士が良いでしょう。

ある意味税理士に頼むのはいざという時の税務調査のためでもありますからね。

以上が「良い税理士の選び方」という事を焦点にしたお話になります。あなたに良い税理士が見つかることを願うばかりです。