個人事業主の税金開業お役立ち講座

このブログでは現役の税理士である著者が実際にいただいた相談事項をもとにして税金に関する事柄を解説しています。読者登録していただくと泣いて喜びます(ToT)

2019年の確定申告期限が間に合わなくても確定申告は可能です!

2019年の確定申告の期限が過ぎても申告可能

あ~去年入院した時の病院の領収書とか出てきたけれど、今年の確定申告にはもう間に合わないなぁ。もし来年病気になったりしたらきちんと確定申告するかな。

いまこの記事を読んでいる方はこういう事はありませんか?確定申告の期限はあくまで本来確定申告の必要がある人のための期限です。

単純に税金を戻すような確定申告は少々期限が異なるってご存知でしょうか?あきらめないで確定申告して税金を取り戻しましょう!

そして、個人事業主さんで今まさに期限に間に合わなくてあきらめようとしている方。本当にこれはあきらめてはいけません…。

税金は自己破産しても追っかけてきますよ?

税金を戻す還付申告の確定申告期限は5年

これご存知でしたか?結論からいうと通常の確定申告の期限は翌年の2月16日~3月15日なんですが、税金を戻す還付申告というのは翌年から5年間も有効なんです。

税務署もそれはわざわざ声高には言いませんね。というのも税金減ってしまうから(笑)
税金に関する事ってホントに目に入りにくくてブラックボックスが多いです。

ですから、今から医療費の領収書が出てきたりしても十分に申告はできます。

「所得税がちょっと返ってくる程度?じゃあ別にいいや」

という人もちょっと待った!

確かに既に支払っているのを戻すのはどうでも良いと思いでしょう。ですが、これから払う住民税の金額も安くなると言ったらどうですか!?

少々面倒でも確定申告しませんか?もちろん過年度の分を申告すれば所得税と住民税両方戻ってきます。

還付申告ができる具体的なパターン

還付申告で考えられるパターンはこんなところ

  • 医療費の領収書が後から出てきた
  • 会社の年末調整で生命保険や地震保険の控除証明書を出し忘れた
  • ふるさと納税したのに確定申告を忘れていた
  • ふるさと納税でワンストップ特例になっていなかったサラリーマン
  • 妻が産休中で所得がないのに配偶者控除に入れていなかったサラリーマン

 じぶんが出した確定申告が間違っていた場合には納めた税金が少なかったのならば「修正申告」となりますし、納めた金額の方が大きかったなら「更正の請求」という申告ができます。更正の請求は法定申告期限から5年以内まで提出可能です。

なお、期限内の間違えがあったら確定申告書を出し直せばあとから出した方が有効となりますので、そこは更正の請求や修正申告とは異なります。

還付申告じゃない個人事業主はホントに確定申告あきらめるな!

自分は還付申告じゃないけれど、期限に間に合いそうにもないから今年の確定申告はあきらめるか…。

なんて言ってる場合じゃありません!

税務署というのは確定申告書を提出していなくてもすぐには言ってこないんですよ。
そして確定申告書を提出していなくて3年ほど無申告が続いた時に電話がかかってくるんですわ。

で、支払う事になる税金というのが下記。

本来の税金+無申告加算税+延滞税+住民税+延滞金

の5コンボでばよえ~ん!と無事死亡という人も少なくないです。

そして始まる分割で納税の日々…。消費税も絡んでいるとさらに納税が膨らみますし、国民健康保険も漏れなくついてきます♪

特に一度でも確定申告をしていて、なんとなく期限が間に合わなくてそのまま音沙汰ないから無視している個人事業主さんなんかは相当危ないです。電話は特に5月6月になってからかかってきます。

ちなみに、税務署から電話がかかってくる前に確定申告書を提出する方が罰則の税金が少ないのは言うまでもありません。

※近年の税制改正で税務署から電話があってから確定申告書を出しても加算税がかかる事があるようになりました。

ここまで書いても確定申告しないままですか?特に確定申告義務がある人はその後の悲惨さを考えると絶対に申告しておくに限ります。納税できないなら分割で納付もできますから。

ではでは確定申告を終えてスッキリして4月からをお過ごしいただければと思います!